まなあそび 

まなんであそんで、まなあそび!

2022年08月11日

8月10日 マインクラフト発表会

イベント最終日は、発表会です!
作り込んだ世界、そこに盛り込んだアイディアを交流しました。

イベント冒頭、少しマイクラを触れる再調整の時間を設けた後、マイクラカップに出展する上で求められている項目に沿って、原稿作りに取り掛かりました。

この時、マイクラ操作に夢中になっていた子どもたちは、はたと気づいたようです。

しまった。マイクラカップのテーマ「生き物と人と自然がつながる家・まち」だったけど、マイクラ遊びに夢中になってしまっていた。。。

と。

テーマについては、何度も何度も語りかけていたのですが、それでもマイクラ遊びに夢中になっているチームがあることには気づいていました。

しかし、追い詰められなければ(発表前にならなければ)わからないだろうなと思い、そっとしておきました。子どもたちは、ちゃんとこのことに気づいてくれたようです。(事後の振り返りで教えてくれました!)いい経験をしてくれました。

「生き物と人と自然がつながる家・まち」というテーマにあったアイディアを盛り込んでワールド作成をしていた子どもたちも、想いを言葉にすることに随分苦しんでいたようです。しかし、自分に「WHY?」「So WHAT?」を何度も問いかけ、頑張っていました。

さらに、ワールドを1分間で撮影した動画の提出も求められていますので、その動画作成も併せて行いました。

作り込んでいたグループは、
「全てのものを見せようとすると、8分の動画になってしまうー!」
と苦しんでいました。

他のチームも、1分以内で収めるのに苦労していました。本当に見せたいものに絞ることの難しさを感じていたようです。

発表会

完成品を発表するのではなく、
「今、ここまで考えていて、ここまでできていることをいったん伝えましょうね。」
と、伝えてから始めました。

どのチームもとても素晴らしい発表をしてくれました。
ワールドも、そこに込められた想いも、素敵なものばかりでした。

オープンスペースで発表を行ったので、保護者だけでなく、たくさんの方が足を止めて、子どもたちのアイディアに耳を傾けてくださいました!

最後は、出展に向けたサポートの時間をとりました。
マイクラカップの出展は、非常にたくさんのデータを提出しなければなりません。
ITに詳しくない普通の保護者は、心が折れてしまうことが予想されたからです。

しかし、さすがに、NPO法人まなあそびとしても、出展までのサポートはできないので、子どもたちの主体性を支える仕組みを保護者の皆さんに構築いただき、サポートをお願いさせてもらいました。

せっかくここまで頑張ったので、作品の出展まで到達するチームが1チームでも増えることを祈り、イベントを終了しました!

たくさんのスタッフに支えられ、イベントが無事に終えられたことに感謝です。

そして、やり切った感、半端ないです。

これで、私も夏休みに入れますー!!!!