まなあそび 

まなんであそんで、まなあそび!

2022年08月09日

8月9日 マインクラフトとメイクコード

8月9日は、
ガッツリマイクラを楽しみます!
星野 尚 さんに講師に来ていただき、プログラミングで何ができるか考えました。

まず、プログラミングでマイクラ世界のルールチェンジに挑戦しました。
エージェントさんに出てきてもらって、
フィールドを耕したり、
自分の動きと連動させたりする初歩から始まりました。

子どもたちは、
動く楽しさと、
できることの幅広さに目をキラキラ輝かせていました!
私もキラキラ輝かせていました。笑

そして、
もう、どうやって組まれているのかわからないけれど、
大きさが違う大量のネザーゲートを等間隔で出現させるプログラムや、
ガストさんとのキャッチボールを楽しめるようになるプログラムなどを見せてもらい、
アイディアさえあれば、
マイクラの世界を自分たちでコントロールできることを知りました。

私は、昨秋からマイクラの勉強を中学生と共に続けてきたので、
普通の大人よりはわかっているつもりでしたが、
マイクラの世界は深く、面白いことがわかりました。

マイクラ部第2期を立ち上げることになったので、
1年間かけて子どもたちと共にマイクラの世界を探求していきたいと思います。
↓イベント参加の子どもたちに宛てた案内

マイクラの奥深さを学んだ上で、
8月8日 に学んだことを活かすべく、
一度、パソコンを脇に置いて、
マイクラカップに向けて設計図作りに取り掛かりました。
アイディアがどんどん湧いてくるようで、
各テーブルで、白熱した議論が交わされていました。

マイクラの世界を創り始めると一転して、
静寂に包まれました。
画面を見ながら、ブツブツとコミュニケーションをとっている子どもたちの姿がありました。
十分に成立しているんです。

これからのコミュニケーションスタイルの変化を予感しました。
メタバースが主流になっているだろう時代において、これはこれでいいんだと思います。
一方、だからこそ、
目を見て話すというコミュニケーションも大切なんだよと、学校教育では伝えなければならないだろうなと感じました。