まなあそび 

まなんであそんで、まなあそび!

スタッフ一覧

代表 大松有香

大松有香 まなあそび代表
代表ごあいさつはこちら

小学校教員、MBA

教室をはなれ、地域の人としてならば、ふだんできない「経験」を提供できるのではと考え、
社会貢献としてイベントを企画・運営しています。

根木恭子

根木恭子

小学校教員

子ども達の好奇心を学校以外でも爆発できるような場を一緒に作っていけたらと思っています。
県外や海外の人と話すと,京都に住んでいる事をとても羨ましがられます。そう、私達は伝統文化と歴史が息づく都に住んでいるのです!こんな素敵な自分の故郷について,学びながら遊ぶ事を一緒に楽しみましょう。

大松幹生

大松幹生

小学校教員

「楽しい!成長できた!」そう、子どもたち自身が感じられるように、2つの場づくり心掛けてます!!
①日本の魅力ある文化を楽しく体験できる場
②仲間とともに成長できるきっかけになる場
「まなあそび」にスタッフとして、自身も楽しく活動させてもらってます♪

富田実結

富田実結

大学生

高校生の時にこのイベントに出会い、今も学校に通いながら、普段の生活では経験することのできない貴重な時間を過ごしています。
イベントの中で私は、観光大使やイベントの参加者、他のスタッフの方々からたくさんのことを学んでいます。私は今までと違う、新たな視点や考えを吸収できるこの機会を大切にしたいと思っています。

薮内稔子

薮内稔子

こども向け英語教室運営

単語や文法も大事だけれど、一番大事なことは「何か」を伝えたいという気持ち。
そしてその「何か」の内容と質。
たとえ英語が拙くても、面白い話や知らない事を教えてくれる人のまわりにはいつもたくさんの会話が生まれます。まなあそびでの体験学習で学ぶことは、日本人はもちろん、他国の人々にも伝えたくてたまらなくなることばかり。この素敵な学びを、こども達が英語でも発信していけるよう一生懸命サポートさせて頂きたいと思っております。

林聖子

林 聖子

認定社会福祉士

スクールソーシャルワーカー(SSW)として活動していた小学校で、大松先生と出会った縁で、まなあそびに参加。どんな環境が整えば、子どもたちにとってより良い居場所となるのか。どんなかかわり方、どんな関係性を築くことが、子どもたちの「わかった!できた!楽しかった!」という経験を引き出すことができるのか等、福祉的な視点で関わっていけたらと思っています。

加藤夕子

加藤夕子

ウェブ担当

MBA仲間である代表大松との縁でまなあそびに参加。ITスキルでサポートしています。未来を担う子どもたちに、微力ながらお役に立ちたいと思っています。

代表あいさつ

 はじめまして、大松有香です!小学校の教員を仕事にしています。子どもたちが成長する喜びと、子どもたちの可能性への驚きと、自分の力不足とやるせなさを感じ勉強を重ねる毎日です。
 仕事では、やらなければならないことに追われる毎日を過ごしています。本当だったらこどもたちに経験してほしいと思っていることがあっても、なかなか取り組みにくいのが現実です。教室をはなれて、地域の人としてならば、ふだんできない「経験」を提供できるのではと考え、社会貢献としてイベントを企画・運営しています。
 私には2人、娘がいます。家族みんなで彼女たちのことを愛しています。夢は、その大好きな娘にプレゼントしたいすてきな社会を作ることです。まず、出来ると考えたことは、勉強してきたことを生かして、未来を担う子どもたちに「経験(イベント)を提供すること」でした。
 何もしないと、夢は夢のままで終わってしまいます。このようなイベントを開催することは、夢の実現に近づいていると信じています。1人でも2人でも参加してもらえるならば、引き続きイベントを開催し、子どもたちに「経験」を提供していきます。
 泥臭いけれども、夢に向かってがんばっている大人たちの姿を、子どもたちに見てほしいです。うれしいことに、私の夢に共感し、ともにイベントでがんばってくれる仲間がたくさんいます。参加してくださったスタッフの皆様、本当にありがとうございます。